「ほっ」と。キャンペーン
d0078841_23333112.jpg


 Blogを新しくすることにしました。

 これからはこちらです。<<Au jour le jour >>
 
 相変わらずまちまちな更新だと思いますが、また読んで頂けたら嬉しいです。



[PR]
d0078841_14122812.jpg

 初めて見て気になったバター。日本のもので、発酵、そして有塩。試さずにはいられない。

 しっかりと塩が分かっておいしい。気になるバターを見つけるたびに買っているけれど、どんなバターが好きなのか自分でもあまりよくわからないまま、有塩でも無塩でも発酵でもそうでなくても、どことなくおいしそう、と思ったものを選んでいた。

 けれど、このバターを食べて初めて、私が一番好きなのは有塩の発酵バターだということに気がついた。無塩の発酵バターをバゲットにつけてたべるのが幸せ、という知り合いの人の言葉が忘れられず、やっぱり無塩も時々買うのだけれど、それはやっぱりおいしいバゲットがあってこそ。

 今住んでいる周りには、無塩バターの合うおいしいバゲットやハードパンをいつでも揃えているパン屋さんがないので、やっぱり有塩の方が出番が多い。

 しばらくはこのバターを定番にしたいけど、発酵バターのほわほわとしっかりと塩分を感じられる嬉しさでいつもより多く使っている気がするし、このバターをもっと味わいたいために、食べるパンの量もますます増えているのは気になるところ。










 
[PR]
# by emioohara | 2014-05-20 14:49 | tabemono
d0078841_1423870.jpg

 しばらく”本を読む”ということを忘れた生活を送り、またやっと”読書”を思い出した去年の夏、いつもの本屋さんのお勧めからいくつか選び、どれから読もうと嬉しくなっていた矢先に、急にまた読む時間のない生活が始まった。

 なかなかまとめて読む時間が取れず、本当に少しずつのページを日々読んだ『火山のふもとで』。けれど、読み始めたときからこの本から静かで澄んだ空気が感じられ、いつまでも丁寧にじっくり読んでいたいと思ったので、少しずつしか読み進めることができなかった日々がちょうどよかったのかもしれない。

 もう今年の夏も見えてきたけれど、まだ読んでない本があるし、他にも気になる本がある。だからすぐとはいかないけど、いつかもう一度ゆっくり読み直したいと思う。







 

[PR]
# by emioohara | 2014-05-17 14:31 | hon

d0078841_2135394.jpg

 小さなコーディネートに靴が加わるようになった。初めからきちんと革靴を履いた方が良い、と昔聞いたことがずっと気になっていた。

 初めての一足は実際に合わせてサイズを確かめなければならないので、洋服のようにインターネットで選ぶ訳にはいかない。足を運べる範囲で気に入ったものがあったらいいなぁと思っていたら、嬉しいことにとても素敵な靴に出会うことができた。

 たまたま通りかかった大人の靴売り場の一角の、小さなテーブルに飾り物のように並べてあった数足の靴。試してみると、履かせやすくハイカットでしっかりホールドされる。



d0078841_21355474.jpg

 洋服との組み合わせを考えて、白を。後ろからみると、ハイカットに赤いポイントの入ったスニーカーのようにもみえる。

 小さな洋服の組み合わせも、靴が入るとますます楽しくなってきた。






[PR]
# by emioohara | 2014-03-25 22:44 | la combinaison
d0078841_21445361.jpg

 少しずつ暖かくなってきて、玄関先の砂利の上にもまたハーブや雑草がぐんぐんと育ち始めた。緑は大好きだけれど、緑の手は持っていないし、雑草と言われるものも緑としては美しいと思うので、困ることがなければできるだけそのままにしておきたい。その上、寒い間はますます気にしていなかった。

 そうしたらこの間、ふと気になってみて見るといつもと違う雰囲気の植物。大根にみえる。もしかしたら裏の畑のおばあちゃんが植えてくれたのかもしれない。ちょうど畑に来たおばあちゃんに会った家族が聞いてみたところ、おばあちゃんもびっくり。どうやら畑に向かうときにカゴから種が落ちていた様子。正体は蕪で、これだけでなくここから畑へいく道すがらに、いくつも小さな蕪がいつのまにか育っていたのをおばあちゃんが見つけてくれたとのこと。

 ちょうど食べ頃だったいくつかの蕪。せっかくなので葉っぱも全部その日の夕食に。楽しい発見だった。

[PR]
# by emioohara | 2014-03-21 22:27 | un jour
d0078841_1941358.jpg

 自分の思う、基本の「ピンク色」には興味がないのだけれど、ショッキングピンクとか、ベビーピンクとなると好きな色になる。自分のものは、洋服よりも小物で取り入れることが多くて、小さい服もピンクはなかったけど、秋冬の洋服を探していたときに、気になる色味のピンクに次々と出会った。

 ベビーピンクにコーラルのようなピンク、そしてベージュピンク・・・。ちょっと大きめだと思って選んだニットは、思ったよりも大きかったので、この冬はニットワンピースとして。せっかくピンクなので、このニットを着る日は、中のロンパース2枚も、そしてタイツも少しずつ色味の違うビンクに。

 どれも「ピンク」にかわりはない、のかも知れないけれど、好きなピンクとそうでもないものがどうしてもある。







[PR]
# by emioohara | 2014-03-18 20:06 | la combinaison
d0078841_2137409.jpg

 冬なのに暖かすぎたり、急に寒くなったり。そして過ごす場所によっても気温が大きく違う。初めからわかっていたら良いけれど、とりあえず会う約束をしていただけのある日、小さな洋服のコーディネートに悩んだ。

 友達が提案しそうな場所を思いめぐらせ、調節のしやすさも考えて、落ち着いたのはニットのカーディガンにフリースのベスト。普段、自分のコーディネートをそのまま小さな洋服にも当てはめるのだけれど、フリースのベストのように自分の持っていないアイテムは、着やすさと組み合わせとしては良いけれど、暖かさがよくわからないので補足でニットを合わせることにしてみた。

 まだまだ続く、寒い季節。温度調節を考えながらの、ちょうどよく暖かい組み合わせを他にも思い巡らせておかなくては。

[PR]
# by emioohara | 2014-02-05 22:21 | la combinaison
d0078841_132568.jpg

 夏、帰省したときに通りかかったショップのボディに飾ってあったブラウスが素敵で、思わず後戻りしたリネンの小さなブラウス。それから秋に出かけた先で同じブラウスを見かけて、やっぱりいいなぁと思った。そしてこの冬、とうとうこのブラウスを買うことにした。春物第1号として。

 パリの蚤の市の軒先に掛けてあるような、人形のための洋服を思い起こさせる小さなブラウス。スタンドカラーで甘すぎず、アンティークのような雰囲気。



d0078841_13245627.jpg

 後ろ姿も素敵なので、このブラウスにデニムを合わせただけでちょうどよい、暖かい季節が待ち遠しい。
[PR]
# by emioohara | 2014-01-29 13:48 | la combinaison
d0078841_21383266.jpg

 ケーキを家で食べることは殆どなかったのに、ここ1、2年、手づくりやたくさんもらったから、ケーキをもらうことが多い。

 あるとき、たしかチーズケーキが好きだったよね?と頂いたアメリカ産のチーズケーキ。なんでもよくお友達からもらうけれど、家族みんなもう食べないとのことで、お裾分けを頂いた。喜んで食べたら、私の好きな濃さ。とてもおいしかったと感想を伝えていたら、後日今度はホールでプレゼントしてもらった。

 おいしい上に、冷凍なので食べるときに解凍したら良いし、はじめからカットしてある。急な来客が多いので、このケーキがあると安心。初めてホールでもらったときには、早速近所のおばちゃんの家にお裾分けを持って行ったり、友達が来たときに出したりしていたら、あっという間になくなった。

 そして、今日またまたホールで頂いた。嬉しい嬉しい。早速食べたかったけど、それよりも早く食べなくてはいけないケーキが他にある。

 それにしても、先月あたりからケーキを食べる量も機会もますます増えている。頻繁に食べるようになると、外でお茶するときにもいつも食べてしまう。調子に乗っているので自重しようと思っていた矢先の、今日のプレゼント。そして今週は久しぶりに友達の家に行く予定なので、またケーキの登場する予感がしている。



[PR]
# by emioohara | 2014-01-27 22:17 | tabemono
d0078841_2056998.jpg

 掃除機が壊れた。とうとう。大学生になって初めて一人暮らしをするときに買ってもらって以来住んでいたどの家でも活躍していた。数年前にプラグが抜けて、もう使えないかと思ったけれど、家族がなおしてくれてまた元通り使えていたのに。

 ショルダーバッグのように肩に掛けて使うこのかたちは、ヘッドは大きな掃除機と同じなのでソファーの下も大丈夫だったし、ロフトへ上がるはしごや階段での移動もしやすかった。冷蔵庫や洗濯機は何軒目かのアパートに付いていたので、そのときに処分したのだと思うけど、掃除機はいつでも一緒だった。

 これまでは、最近の掃除機も使ってみたいと思っていたけれど、このかたちの利便性をますます感じていたのでずっと使いたいと思っていたのに。新しいものを探すためにお店にいって試してみたけど、どれも重くてびっくりした。

 結局、今の生活環境に一番必要なかたちを選んだ。新しい掃除機を早速使っているけれど、この掃除機をすぐに処分する気持ちになれない。なんといっても20年も使っていたのだから。

[PR]
# by emioohara | 2014-01-24 21:19 | mono