夏の空

d0078841_1651031.jpg

 いつもは携帯のメールで連絡をくれている友達が、珍しく手紙を送ってくれました。手紙と一緒に入っていたのは空の写真。随分経つけれど、きれいだったのでデジカメにおさめたという夏の空。東京の空。

 大学生の春休みの数週間、初めて行ったフランスの語学学校で知り合った東京の友達たち。仕事で東京へと引っ越した時、憧れの東京はどうかと聞かれたことがあり、憧れたことなど一度も無かった私にとってそれは驚きの質問。東京はただただ遠いイメージしかなくて、まさか自分が住むことになるとは思ってもみなかったくらいだから。
 私が初めてパリへ行った時に印象強かったことの一つは、そんな東京の人たちのスマートさ。外国に行って同じ日本に住んでいる人達のまとう空気の違いに驚いたのでした。

 彼女もそんなパリで出会った東京の友達の1人。のんびりといろんな国を旅して回っていた彼女は、今はテレビの世界で仕事をしていて、昼も夜もなくとてつもなく忙しそうな毎日送っています。いろんな事に通じていそうなその職業とは裏腹に、未だにパソコンを使わず、とっても有名な芸能人でさえ大道具さんと間違えるほど。

 東京に居たときにも会ったのは1年に1度くらい。会う度にパリでの話に笑い転げてばかり。いつもテレビが砂嵐のようだった、彼女の住んでいたボン マルシェのすぐ近くの半地下のようなアパルトマンや、好きなように具をトッピングしてくれる語学学校の側のサンドイッチ屋さんに、いつの日かまた一緒に行けたらと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Le ciel d'été」

Ma copine m'a envoyé une lettre incluant une photo. Elle dit , c'est un ciel d'été celui de Tokyo. C'était très beau, donc elle le prit.

Nous avons fait connaissance à Paris , quand j'étais étudiante.A cette époque-là, pour moi, elle était vraiment tokyoiste.

Elle habitait dans un appartement à deux pas du Bon Marché. Elle voyageait beaucoup.

Maintenant, à Tokyo ,elle travaille sans cesse aux milieux de la télévision .

J'aimerais parcourir encore le Paris avec elle, un jour.



[PR]
by emioohara | 2009-10-16 18:27 | un jour