『フィンランドのガーデニング』

d0078841_2236552.jpg

 去年の秋、プレゼントで頂いたジュウ・ドゥ・ポゥムさんから出版された『フィンランドのガーデニング』。北欧のどの国にも行ってみたいけれど、この本を見てフィンランドがとてもとても気になるように。

 紹介されているどの家庭の庭も市民農園も共有の中庭も、本当にすばらしくて、うっとりとしてしまった。鮮やかな緑にカラフルなテキスタイル。自然に囲まれてご飯を食べたりお茶をする様子。こんな場所に住みたいのだ、とはっきりと分かった。

 とはいえ、今住んでいる場所も自然に囲まれている。隣の山の鹿や猿に出会うこともあるし、小さな星々までたくさん見え、朝から夜までいろんな鳥や虫の声が聞こえる。さながらキャンプの様だと思うこともある。

 でも、何か足りない。足りないと思っているのは何なのか、をこの本で自覚。
それは、地面も緑であふれ、大きな木のある庭。
 私は緑の手を持たず、借景が望ましいので、時々この隣の山に家があったならと思う。

 枕元に置いてあり、何度も何度も眺めては羨望。私にとっての写真集。








 

[PR]
by emioohara | 2013-07-10 23:04 | hon