大山へ

d0078841_2028498.jpg

 4月の終わりからのゴールデンウィークはいつものように車で帰省。今回は実家でのんびりするだけではなく、いろいろと出掛けました。
 5月に入ってから家族と行ったのは鳥取県の大山。大山は小さな頃スキーで行った記憶だけ。雪のないとき、そして大人になってから訪れるのは初めてです。

 別荘一軒を借りての一泊旅行。その家はとっても広くて、1家族では持て余すほど。着いてすぐに、下から上までいろんな扉を開けて部屋を見て回る。暖炉も床暖房もあって、至れり尽くせり。

 山だから寒さを考えて洋服を準備していたけれど、とても気持のよい天気で涼しいくらい。
 夜ご飯まで時間があったので、周りの別荘を見学がてら森林浴をしながら散策。行きは車で出掛けた夜ごはんの後も、懐中電灯を片手に歩いて帰宅。少し遠かったけど、ゴールデンウィークの間中食べていたので、ちょうど良い運動。

 借りた家にはいくつかの寝室があって、普通の家のようにベッドの部屋もあったのだけれど、私の眠った場所は作り付けの二段ベッドが並ぶ部屋。まるで学生の時の合宿みたいで、懐かしく楽しい雰囲気でした。

 次の日は、特に起きる時間を決めず、それぞれ好きなだけ眠ったらいいということだったけど、起きてキッチンに行ってみれば、ぐっすりと眠り込んでいたのは私を含めた2段ベッド組だけ。まあ、これは予想通り。他の部屋のみんなは早朝からご飯もそして散歩も行ってきたらしい。

d0078841_20303035.jpg


 朝ごはんは、前の日に買ってあったパンや蒜山高原のサービスエリアで調達した乳製品がずらり。大好きな蒜山のヨーグルトもあって嬉しい。
 あんなに前の夜食べたのに、起きたらお腹はぺこぺこで、1時間くらいかけて食べ続けたのでした。


[PR]
by emioohara | 2007-05-06 21:54 | un jour