<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0078841_15374644.jpg

 ずっと気になっていたブレンダーを、今月になってやっと買いました。届いてみれば、勝手に想像していた倍くらいの大きさにびっくり。一緒に付いていたレシピ集にはおいしそうなものがずらり。

 初めはいろいろ試したいもの。まずは友達が泊まりに来てくれたときに、野菜をたくさん食べられるようにとバーニャカウダを。鍋の中で使えるという便利さを実感。

 そしてもう一つしてみたかったのは、ハンドミキサー。見る度に小さな頃、親戚のおばちゃんがハンドミキサーを持参してケーキを作ってくれたときに、まるで家がお店になったかの様で感動したことをいつも思い出します。

 そこでケーキを作る機会を見つけ、作ることにしました。スポンジは買ってきて、本当に生クリームを泡立ててみたいがためだけに。
 実は苦手な生クリーム。なので普段ケーキを買いに行ってもショートケーキは対象外。でも自分で作るとなると興味が湧きます。

 おおざっぱなので、お菓子作りは難しい。ということで、これまで揃えてこなかったお菓子道具。何となく形になったら嬉しくなって、いつかはスポンジも自分で焼いてみたい、と少し思いました。けれど、そのための型も粉ふるいもない。

 いえいえ、冷静に考えればもともとブレンダーを買ったのはお菓子ではなく料理のため。パテやテリーヌ、ディップ、マクロビオティックのレシピ・・・。

 飛躍する前に、まずは道具を使いこなしていろんな料理を作ってみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

J'ai acheté un mixeur plongeant multiple.

Avec ça, d'abord j'ai cuisiné la bagna cauda pour accueiller ma copine.

Ensuite, puisque je voulais fouetter la crème fraîche, j'ai fait une petite pièce montée.

Quoique je sois maladroite de mes mains,mais je suis arrivée à arranger la forme tant bien que mal, donc je suis contente.



[PR]
by emioohara | 2010-02-24 16:30 | tabemono
d0078841_1819177.jpg

 少しずつ暖かくなってきて、春夏のコーディネートが楽しみになってきたこの頃。発売される雑誌も楽しみだし、家にある昔の雑誌を取り出して改めて新鮮に感じたり、気に入っていた組み合わせを思い出したり。
 どんなに素敵だと思っても、ボトムは素材感とサイズを自分で試してみることが大切。そう思いつつも雑誌を広げれば、通信販売で購入したくなる素敵なアイテムがたくさん。

 それでも、一応それなりに揃えてはいるパンツ類。今のところ十分。なのに、買ってしまったこのパンツ。それもお店で買ったのに、試着することも無く。

 見つけたのは、家の近くにあるいろんなものがびっくりするほど低価格なお店。ドラッグストアーのようなところだけど、洋服コーナーも。洋服の安さにも驚くけれど、じっくりと見たことはなし。
 それが何を思ったのかそのお店に行った時、急にゆっくり見てみたくなったのです。そこで目に留まったのが、おばあちゃんたちが愛用しているズボンコーナーにあったこのパンツ。ブルーがかったグレーの色合いと、マリン調のボタン。

 見れば見るほど気になっていきます。試着は出来ないけれど、股上の深さからしてサルエルっぽくなるのではないだろうかとか、古着屋や見つけただとかおばあちゃんのお古だとかいった掘り出し物に匹敵するのでは、とだんだん嬉しくなってきて、買ってみました。

 そして家で早速はいてみる。・・・失敗したのかもしれない。洗濯したら落ちてほしいと願っていた、真ん中から曲線を描くセンタープリーツはしっかりと残ったまま、そしてポリエステルとポリウレタンだけで作られた素材はコットンよりも体型をカバーしない。
 そこで丈の長いトップスを合わせて裾をロールアップしてみると、なんだか着こなせそう。

 果たしてこれが他の人にはどう見えるのだろう。そこで、コーディネートして何も言わず家族に披露。感想を尋ねるとものすごく気まずそうに、言っても良いのなら失敗だね、まるでおばあちゃんのジャージみたい・・・一瞥で見破られてしまった。

 だからと言ってせっかく買ったのに眠らせたくはありません。どうにか素敵なコーディネートを考えること。これが目下の課題です。

…………………………………………………………………………………………………………………

J'ai acheté un pantalon pour la vieille femme pour m'habiller en guise de celui de la mode.

Il était vraiment pas cher et j'ai pensé que c'est comme une trouvaille aux puces.

Je l'ai essayé ,mais enfin, c'est difficile à porter bien et en plus ma famille qui a décelé tout de suite!

Ce que je sais m'habiller ce pantalon, c'est mon thème actuel.



[PR]
by emioohara | 2010-02-23 19:46 | la mode
d0078841_14422352.jpg

 チョコレートは常備品のひとつ。選ぶ基準はカカオ70%前後。今の家の近くには、ちょっぴり代わりになるようなものは見つけたけれど、残念ながら好きだったものが売っていない。
 さらにここ一ヶ月はおいしそうなチョコレートの話があちこちから自然と入ってくる時期。どんどん食べたくなって仕方が無い。

 そんな中、ちょうど東京方面から友達が遊びにくることになり、何かいるものはと聞かれて思いついたのはチョコレート。けれど時間が無くって買ってこられなかったので代わりになにか、という彼女と一緒に行った近くのケーキ屋さん。そうしたら、この間までジェラートコーナーだったところがなんとチョコレートトリュフの場所に。せっかくだからと全種類買ってくれて、夜はもちろん食べ比べ。
 


d0078841_14423553.jpg

 好きなものは、一度はずみがつくと止まらない。おいしいチョコレートをいつも置いておきたい、という気持ちはますます強くなるばかり。

 そう思っていたら、今週東京の友達から思いがけない宅急便。入っていたのは「AU BON VIEUX TEMPS」のチョコレート!朝早く届いたけれど、すぐに口に入れたのは言うまでもありません。

 大切に、少しずつ頂いています。おいしいチョコレートは嬉しいし、本当にリラックスできる。

…………………………………………………………………………………………………………………

J‘adore le chocolat, surtout cacao environ 70%.

Cette semaine, ma copine qui habite à Tokyo, elle m'a envoyé une boîte du chocolat, celle de chez pâtisserie「AU BON VIEUX TEMPS」.

Quelle surprise, quelle heureuse!



[PR]
by emioohara | 2010-02-18 15:44 | tabemono
d0078841_9532656.jpg

 裏の畑のおばあちゃんの庭を一回りしたところで、おじいちゃんがお茶に誘ってくれました。通された台所で、かきもちがおいしい、とオーブントースターに付きっきりで焼き始めてくれました。

 出来上がってきたのは、おじいちゃんとおばあちゃんが餅米から作ったあつあつのかきもち。殆ど味付けのないもの、梅干しのシソを刻んだもの、そして蒸かした紅芋をまぜたもの。シンプルでおいしい。生姜だとか、その年によって作る味は変えているみたい。東京に住むお孫さんも昔からこれが大好きで、今年も送ったら最高、との電話があったそう。

 おもちをついたついでに作るのではなく、かきもちのためだけにお餅をつく。そして切り分けるときに包丁だと固くて大変だからと金物屋さんに行ってみると、ちゃんとかきもち用の道具があったので買ったとのこと。

 おばあちゃんがおじいちゃん今日は一生懸命焼いてると言う通り、おじいちゃんはいつもは1回しか焼かないらしいけれど、その日はしばらくオーブンの前から離れず、どんどんかきもちが運ばれてきます。

 

d0078841_953448.jpg

 そうしていると、今度はおばあちゃんがいろいろと出してきてくれました。大根のお漬け物、金柑と栗の甘露煮。どれもおばあちゃんのお手製。どれもおいしくて、ちょっと早目の夕ご飯かのようにおなかいっぱい。
 帰るときにはかきもちとおばあちゃんの漬けたたくあん3本、そしてたくさんの柑橘類と手みやげもたくさん渡してくれました。

 それにしても、改めて手作りの素敵さ、贅沢さをしみじみと実感。

…………………………………………………………………………………………………

Quand je suis allée chez ma vieille voisine, son mari m'a cuit des kakimochis fait à la main.

Et ma voisine m'a donné de tukemono de radis blanc et des confits ceux de kumquat et marron.

Tout est très bon , et je me rends du luxe et la merveille des choses fait à la maison!
 

[PR]
by emioohara | 2010-02-16 10:41 | tabemono

d0078841_14281682.jpg

 裏の畑のおばあちゃんの果樹コーナーの梅はほぼ満開。おじいちゃんが上にではなく横に広がるように剪定しているので、盆栽のような佇まい。

 この梅の写真を撮らせてもらった次の日、おばあちゃんから掛かってきた電話。そういえばうちの庭の梅の方が良く咲いていて、もっと白い花を付けている気がする、と。ちょうど時間が空いていたので、おばあちゃんちの庭を見学に行くことにしました。

 おばあちゃんの家には数種類の梅あって、その他にも椿だとかしだれ桜だとかいろんな木や花が植えられています。
 途中からおじいちゃんも出てきてくれて、いろいろ教えてくれました。どの木も大きくなりすぎないように切ってあるのは、おじいちゃんの好みだそうで、庭師に頼まず自分で借り入れているというツツジも綺麗にまあるくなっています。

 そのあと、おうちに初めておじゃましてお茶をごちそうに。その時の素敵な手作りおやつの話はまた次回。

…………………………………………………………………………………………………

Maintenant, derrière ma maison, les pruniers sont en fleur!


[PR]
by emioohara | 2010-02-10 14:56 | un jour
d0078841_11434090.jpg

 外の方が暖かかった昨日の午後、畑を耕す機械の音が聞こえてきたので出てみると、裏の畑でおじいちゃんとおばあちゃんが久しぶりに作業中。

 おじいちゃんはオーバーサイズのデニムの裾を長靴に入れていて、まるでサルエルパンツと乗馬ブーツのような出で立ちで、耕耘機を使いこなして畑のあちこち周り中。

 おばあちゃんは、防腐のために灰にくぐらせたジャガイモの種芋を植えているところ。この作業の為にせっかく足袋を履いてきたのに、どうも足元が緩いと思ったらこはぜを留め忘れてた、と見せてくれたら全部開いていてそれでは靴より土が入ってしまいそう。

 おばあちゃんの作業の邪魔をしないように家に戻っていたら、しばらくしておばあちゃんが、貯蔵庫に使っている元々井戸だった場所に文旦を入れてたからと、差し入れてくれました。

 帰る間際、作業が終わったから足袋留めたよ、と。作業中はもう開き直っていたみたい。

………………………………………………………………………………………………………………

Hier, Ma vieille voisine faisait des travaux des champs.

Elle plantait des pommes de terre.

Pour le travail, elle a met ses tabi, mais elle a oublié des agrafes….



 

[PR]
by emioohara | 2010-02-09 12:13 | un jour
d0078841_959934.jpg

 最近立て続けに読んだ、池田晶子さんの本。著作紹介によると、"専門用語を使わずに、日常の言葉を用いて「哲学をするとはどういうことか」を語る、気鋭の哲学者"。

 哲学という響きだけで難しそうな印象を持っていて、大学生の頃ニーチェが専門の先生の授業をとっていたものの、さっぱり分からず困惑するばかり。同じ学部内にいくつかの国別の哲学科があって、そこを選んでいる同級生たちにもただただ感心。

 でもフランスでは子供用の哲学の本もいろいろあるし、日本よりも身近な様子。哲学は分からない、とリセの哲学の先生に言うと、高校生の教科書用の哲学書が入りやすいと勧めてもらうものの手は出さず。

 そんな中、何かの本で読んだ池田晶子さんの書評が気になって手にしてみると、思いがけず哲学にやさしく触れることが出来たのでした。

 彼女の本の中でもこれが一番やさしい語り口というこの作品は、かつて中学生新聞に連載されていたもの。彼女曰く、同じ中学生でも1年生と3年生では同じことを語りかけても受け取り方がちがうとのこと。

 大人が読んでも新鮮だと思うけれど、もし学生時代に自分が読んでいたらどうだっただろうなぁと思ったし、まわりに学生がいたら渡してみたい気にもなりました。

 読んでみるともやもやしていたことがすっきりとしたり、視野が広がったり、心に余裕が生まれたりするかもしれません。
 私にとっては、思いもしなかったことがそこにあり、より分からなくなったこともあり。そしてこれまでと違った視点で考えることが増えたような。

 しばらく、彼女の他の作品にもあたろうと思っています。


………………………………………………………………………………………………………

J'ai lu un livre écrit par Akiko IKEDA. Elle est philosophe qui raconte sans utiliser les mots spéciaux.

En France, même pour les enfants, il y a des livres sur philo., mais au Japon , en général, "philosohie" est toujours trops compliquée.

Ce livre écrit pour les adolescents, mais pour les adults, je pense que c'est très bien pour comprendre et se sentir proche de la philosohie.


[PR]
by emioohara | 2010-02-08 11:09 | hon
d0078841_14284133.jpg

 フランスの文学賞のひとつ、ゴンクール賞。その高校生版、高校生ゴンクール賞を知ったのは数年前。高校生が選んだ、ということが興味深かったし、選ばれた本もゴンクール賞そのもので選ばれた作品よりも読んでみたくなったし、身近に感じていました。

 この本を読もうと思ったのは、その題名に魅かれて。フランスでは未だに本当に読書率が高い、という記事を読んだことや、本の好きなフランスの人々に接していたことで、どうして本離れが少ないのかという興味があったから。

 内容を知らずに読み始めると、主に書かれていたのは、その高校生ゴンクール賞の成り立ちや仕組みについて。毎年参加する高校が違うことや、2ヶ月くらいの間に15冊近くもの本を読まなければならないこと。本の好きな学生の自主参加ではなくクラス全員が対象で、読まなければならない冊数に圧倒され、参加を嫌がる学生たちが変わって行く様子。

 そしてその読まれる本とは、ゴンクール賞候補の第一選考でノミネートされた作品だということ。高校生が選ぶのだから、学生向けに書かれた本やその年代に人気の本なのかとすっかり思い込んでいました。

 フランスではもともと読書が浸透しているのだとは思うけれど、この高校生ゴンクール賞の果たす役割の大きさにはしみじみ。その他に紹介されている子どもが選ぶ賞なども、興味深いものばかり。

 ますますいろんな本が読みたくなりました。

………………………………………………………………………………………………………
 
 Grace à ce livre, j'ai pu savoir de la naissance et le mécanisme du Prix Goncourt des lycéens.

Je connais ce prix, mais je ne comprenais pas son detail.

C'est vraiment interessant, et je veux être absorbée dans la lecture plus!



[PR]
by emioohara | 2010-02-04 15:23 | hon
d0078841_12545254.jpg

 『Le Petit Nicolas』で知られているサンペのイラストは、その他の本でも魅力的。

 大学生の頃に買った子供向けの本『MARCELLIN CAILLOU』。かわいらしい絵に魅かれて開けてみると、本というよりも絵本のように文字は少し。なぜか顔の赤い男の子の話。

 きっと、これなら自分も読めると思って選んだと思うのに、よく考えたら最後まで読んでないと気づいたのが数年前。

 ただただかわいいだけの話だと勝手に思っていたけれど、ちゃんと読んでみるとほのぼのと、じんわりとした物語。

 ………………………………………………………………………………………………………

Quand j'étais étudiante, j'ai acheté <>. Mais il y a quelques ans, je me suis aperçu que je ne l'ai pas encore lu jusqu'à la fin.

Je m'imaginais que c'est une histoire seulment adrable, mais finalement en plus , c'est une œuvre qui réchauffe le cœur.



[PR]
by emioohara | 2010-02-03 13:37 | hon