d0078841_14122812.jpg

 初めて見て気になったバター。日本のもので、発酵、そして有塩。試さずにはいられない。

 しっかりと塩が分かっておいしい。気になるバターを見つけるたびに買っているけれど、どんなバターが好きなのか自分でもあまりよくわからないまま、有塩でも無塩でも発酵でもそうでなくても、どことなくおいしそう、と思ったものを選んでいた。

 けれど、このバターを食べて初めて、私が一番好きなのは有塩の発酵バターだということに気がついた。無塩の発酵バターをバゲットにつけてたべるのが幸せ、という知り合いの人の言葉が忘れられず、やっぱり無塩も時々買うのだけれど、それはやっぱりおいしいバゲットがあってこそ。

 今住んでいる周りには、無塩バターの合うおいしいバゲットやハードパンをいつでも揃えているパン屋さんがないので、やっぱり有塩の方が出番が多い。

 しばらくはこのバターを定番にしたいけど、発酵バターのほわほわとしっかりと塩分を感じられる嬉しさでいつもより多く使っている気がするし、このバターをもっと味わいたいために、食べるパンの量もますます増えているのは気になるところ。










 
[PR]
by emioohara | 2014-05-20 14:49 | tabemono
d0078841_1423870.jpg

 しばらく”本を読む”ということを忘れた生活を送り、またやっと”読書”を思い出した去年の夏、いつもの本屋さんのお勧めからいくつか選び、どれから読もうと嬉しくなっていた矢先に、急にまた読む時間のない生活が始まった。

 なかなかまとめて読む時間が取れず、本当に少しずつのページを日々読んだ『火山のふもとで』。けれど、読み始めたときからこの本から静かで澄んだ空気が感じられ、いつまでも丁寧にじっくり読んでいたいと思ったので、少しずつしか読み進めることができなかった日々がちょうどよかったのかもしれない。

 もう今年の夏も見えてきたけれど、まだ読んでない本があるし、他にも気になる本がある。だからすぐとはいかないけど、いつかもう一度ゆっくり読み直したいと思う。







 

[PR]
by emioohara | 2014-05-17 14:31 | hon