タグ:bunbougu ( 21 ) タグの人気記事

d0078841_22381465.jpg

 あとあと考えたらボールペンが似合うと思ったけれど、テーブルクロスのノートを買おうとした時に手に取っていたのは鉛筆。

  どうやら外国のデッドストックのものらしく、色合いも懐かしく、そこに刻まれている文字もいろいろ。ひとつひとつ確認しながら選んだので、気がつけばずいぶん時間をかけていました。

 1本には絞れず、決めたのはこの4本。どの色も捨て難いけれど、一番気に入ったのは、うぐいす色の"American Pencil Collectors Society"の文字。本当に鉛筆が好きそう。
 この鉛筆をくるくるとまわすと、その他にも会員番号や、教授の名前のようなものも書かれていて、鉛筆を通り越して、このグループに興味が湧きます。

 鉛筆は削ると文字も消えて行くので、使うのは途中まで。早速使いたいけれど、よく考えると鉛筆削りも持っていなければ、キャップもない。

 また、楽しい文房具探しが続きそうです。

 

[PR]
by emioohara | 2007-07-30 23:14 | 文房具
d0078841_22471281.jpg


 小さなノートを買いました。ポルトガルで作られているレタープレス印刷によるもの。1冊ずつ通し番号が押されていて、表紙の色もそれぞれ濃かったり薄かったり。

 表紙のこの雰囲気も懐かしい感じで好きなのですが、なにより気に入ったのはノートの紙。




d0078841_22473732.jpg

 そう、テーブルクロス。そのまま使ってあるので、おうとつもあります。

 フランスで入った、お客さんごとにこんな雰囲気の紙のテーブルクロスを掛けかえていた、とあるビストロ。そこでは、オーダーをテーブルごとにその紙でできたクロスに書いて、料理を運ぶと線をひっぱって消す。
 お店の人にとってはいつものことで何気ないことかもしれないけれど、それがなんだか楽しそうに見え、なぜかどこか羨ましく思えていました。

 このノートを見たとき、ふとその光景を思い出して、これがあれば同じことができる!と嬉しくなりました。

 冷静に考えると、同じような紙を探してきたら、自分でもこんなノートが仕上がるかもしれない。これは小さいけれど、大きなノートも作れる。

 でも、それでも買おうと思ったのは、表紙も捨て難いこと、中のクロスの柄も懐かしい雰囲気だったこともあります。
 けれど、なによりそれまで自分にとって現実味がなく、機会が訪れないと思っていたせいか、すっかり忘れていた”テーブルクロスに書く”という事を思い出させてくれて、なおかつそれをノートにしているという発想が素敵で、感動したから。

 この紙にはあのビストロと同じように、ボールペンが一番似合いそう。


[PR]
by emioohara | 2007-07-27 23:42 | 文房具
d0078841_0202746.jpg

 フランス人の友達から久しぶりのメール。近況報告とともに書かれていたのはお願い。以前日本に来たときに伊東屋で買って帰った和紙が少なくなったので送ってほしいとのこと。
 手元にある紙を色ごとに並べた画像も送られてきて、そこにある柄と、あとはお任せで買ってほしいと書いてある。

 そこで、早速伊東屋へ。その和紙は別館にあって、まるで着物のタンスのように薄い引き出しにたくさん納められていました。
 まずは頼まれた柄から。30種類以上あってあたふたしていると、お店の人も一緒に探してくださって大助かり。

 そのあと、”おまかせ”といわれた10枚を選ぶのに、再び次から次へと引き出しを開けていく。
 素敵な柄を目にしているうちに、自分用にも欲しくなり、室町千代紙を3枚買うことにしました。

 赤などの鮮やかな色もたくさんあったのに、自分に選んだのはなぜか紺色ばかり。でもどの柄も色も捨て難かったのです。
 
 包装紙にしたり、便箋にしたり、はたまたそのまま飾っても・・・と思いながら買ったのですが、とりあえずということで1枚ずつしか買わなかったので、今のところ手をつけず。

 今度は自分用を買い足しに、またゆっくり訪れようと思っています。今日、無事に届いたとのメールが来て、おまかせの柄も気に入ってくれたみたいで一安心。

 彼女のおかげでまた新しい楽しみが増えたのでした。



[PR]
by emioohara | 2007-06-02 00:39 | 文房具
d0078841_16554376.jpg

 なんだか懐かしく、かわいらしいノート。これはフランスのClairefontaine社のもの。ここのはいつも見る度にいろいろ欲しくなって、メモ帳だとかリングノートを柄を何度も迷いつつ買っています。
 
 でも、これは初めて見る。中身は子供の数字やアルファベットの練習帳。

d0078841_17839.jpg

 中に描かれているネズミの気ままな感じも気に入ったし、そのままノートとして使ってもいいけれど、一枚ずつ切り離して便箋にしてはどうかと思いついたら買いたくなってきた。
 中身は同じだけれど、外はどちらも捨て難い。

  2つ買おうかどうしようかと思っていたら、これはもうフランスでも絶版なので、今あるだけで最後、と聞いたとたん、両方買うことを固く決めました。
 もうないのなら、もう少し大人買いしようかと思ったけれど、今回はやめておきました。

 もし、使い切った後にまだ売っていたなら、そのときまた買うことにします。

[PR]
by emioohara | 2007-05-20 17:21 | 文房具
d0078841_2285531.jpg

 élineさんと伊東屋に行ったときに、やっと買った今年のスケジュール帳。伊東屋で海外のスケジュール帳を買うと日本の祝祭日のシールが貰えます。

 家に帰ってから早速シールを貼っていって、たどり着いた4月29日。そこに書いてあったのは”みどりの日”じゃなく”昭和の日”!。そして5月4日が”みどりの日”に。

 そんなに日常生活に無関心ではないはずなのに、全く知らなかった。いつからかと思って調べたら、今年からとのことで少し安心。

 私にとって4月29日は、小学生の頃に亡くなった一緒に住んでいた祖父の命日。その日は確かに昭和だったけれど、一緒に過ごした環境からして”みどりの日”という響きも好きだった。

 ”昭和の日”と言われると納得はするけれど、なんだか今年から急に昔の日になったようで、少し寂しさを感じるのです。

[PR]
by emioohara | 2007-03-07 23:12 | 文房具
d0078841_15531585.jpg

先週、展示会を兼ねて数週間来日していたkoosとtante tiniのデザイナーのélineさんと夏以来久しぶりに会いました。こうやってプライベートで2人で会うのは初めて。
 お昼は、小さな頃からオーガニックを食べ続けいる彼女のお気に入りだという、クレヨンハウスの地下で。その後、青山の気になるお店をいくつかまわっていたらお茶の時間。

 日本も日本食も大好きな彼女。なので日本茶の揃うカフェにしよう、と向かって行く途中に通りかかったPIERRE HERMÉ。以前食べたここのクッキーが彼女は忘れられないし、まだケーキは食べたことがないとのこと。少し覗いてみようということになり、1Fのショップで美しいケーキを眺めてると、彼女はすっかり気持を奪われている様子。

 そこで、日本茶はやめてPIERRE HERMÉのカフェへ。私もカフェは初めて。ケーキはもちろん、名前は忘れてしまったけれど、2人とも味が想像できずに頼んだジャスミンティーと煎茶を合わせたお茶がとてもおいしく、リラックスできました。

 カフェでの写真は撮れないとのことで、イラストレーターの彼女が取り出したのは月光荘のスケッチブック。食べる前にさらさらとケーキや近くにあるランプなど描いていきます。tante tiniのホームページのような優しい色使いが印象的だけれど、鉛筆だけのデッサンも素敵でじっとみつめてしまいました。

 彼女はハリー ポッターが大好きで、blogの内容もハリー ポッターの事が多いとのこと。私もハリー ポッターは大好き。そこで、以前本を買ったときに付録だったポストカードをプレゼント。    
 そうしたら、彼女から渡されたのもハリー ポッターのポストカード。それも、物語の一場面を自分で絵を描いてちゃんとプリントされたもの。選んである場面と彼女のやわらかい絵が合っていてとても良い一枚。

 そのあと、文房具を求めて銀座へ。彼女の方が銀座は詳しく、鳩居堂へはこの出口、と迷わず進んで行きます。残念ながら鳩居堂はお休み。伊東屋ではしばらく自由時間を作って2人ともそれぞれ散策。

 その後、スケッチブックを買い足したいとのことで、月光荘へ。彼女は既に何度も足を運んでいるけれど、私はいつかは行ってみたいと思っていたお店。
 こぢんまりと静まり返った店内の扉を開けたときには、絵とは縁遠い私はこの専門的な雰囲気に圧倒されるのかと思ったけれど、お店の方も優しく、丁寧にいろいろ教えてくださりゆっくりとできました。
 élineさんは自分用とお土産用を何冊か、私は便箋にしようと、パステルカラーのうす紙を一冊。中身はおんなじだけど何色もある表紙に迷いつつ、今回は緑。

 その後月光荘オリジナルのポストカードを見に地下へ。地下にはカフェがあり、そこで手紙を書いて出せるとのこと。せっかくだからお茶をしよう、と時間を見たら2人とももう帰る時間。残念だけど、また今度の楽しみにすることにしました。

 これまでも彼女と話すと、興味のあることに共通点が多くて嬉しい、と思っていたけれど、今回一日過ごしてみて感じたのは、行きたい場所や興味のあることが日本が好きな女の子というよりも、まるで日本の女の子。
 彼女のほんわりとした雰囲気と、その近い感覚が一緒にいてリラックスできる理由なのだと思いました。

 そんな彼女も、私と過ごした一日をblogに載せてくれたそう。どの国でか分からないけれど、また会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by emioohara | 2007-03-05 18:14 | un jour
d0078841_1762616.jpg

 結婚式の準備といえば、ご祝儀袋を選ぶのも楽しみの一つ。お店によっていろいろあるので、気に入るのを見つけるまで何軒も行くことも。
 今朝もどこに行こうかと考えてまず浮かんだのは伊東屋。そこで銀座に向かいました。道すがら、銀座なら鳩居堂もあることを思い出したのでどちらも行ってみることに。

 オリジナルを初めとした和紙や便箋、お香が所狭しと揃う鳩居堂は、いつ行ってもたくさんの人。お客さんは外国人より日本人が多い気がします。今日も平日の午前中なのにいっぱいでした。

d0078841_1763942.jpg

 伊東屋に私の好きな、手ぬぐいやハンカチでできているご祝儀袋(あとから使えるのです!)があったけれど、今回は鳩居堂で和紙と和風の生地の組み合わせてあるタイプを選びました。

 その時に入れてもらった青い紙袋。なんだか気に入りました。他にも手提げ袋や包装紙、留めシールなどもあるようでした。ここで和風のお土産やプレゼントを選ぶのもいいかも。

 そうこう思いつつ乗っていた帰りの電車。座って本を読んでいたら、隣に素敵な出で立ちのご年配のカップルが座られました。女性の方が私の隣だったのですが、その方の話される日本語のきれいなこと!そして普段あまり電車に乗られないようで、駅名や出発を知らせる車掌さんの独特の抑揚にとっても興味を示されていて、すごく新鮮に思われていた様子。一言一言が心地よく、本に集中できなくなりました。

 鳩居堂といい、彼女といい、日本の良さを感じた一日でした。

 
[PR]
by emioohara | 2006-10-13 17:28 | 文房具
d0078841_231491.jpg

ポストカード好きがいつから始まったのか。気がつけばホルダーが何冊も。学生の頃、就職活動の履歴書の趣味のところには必ず”ポストカード集め”と書いていました。

 買う時はいつも同じものを2枚ずつ。手紙を書く用と自分のコレクション用。美術館や雑貨屋さん、どこでも無意識のうちに見ています。
 これを言ったら他の物にも当てはまるけれど、同じ形の中に表現された様々な絵や写真は一つ一つの個性と限りない可能性があるので、飽きることがないし、コレクションを止める機会も訪れない。

 はがきを送る時は、もちろん伝えたい事があるからだけれど、それをより濃くするために旅先からはこれ!と思う景色を、誕生日などのお祝いカードには私の思う相手のイメージがうつし出されたデザインを選んでいるのだと思う。

 この間、スパイラルでいろいろ買った中にもいくつかのポストカードがあります。これはasano stampのカード。いろんな柄の上に外国の古切手が貼ってある、こっちが裏。表は白地に住所を書くべく3本のラインが。海外からと日本のハガキが一枚で楽しめる、不思議な感じ。

 これはひとつひとつ柄も切手も違ったので、2枚ずつという訳にはいかなかったから、コレクション行きかも。
[PR]
by emioohara | 2006-10-07 23:33 | 文房具
d0078841_033178.jpg

 家族がゴルフ場から持ち帰ったスコアカード。そこについていたこの鉛筆。色もこの小ささもかわいらしい。使いごこちは?ーじぶんのノートにはさんでみると、クリップがしっかりしてるし薄いので、きっちりはまるしかさばらない。鉛筆の芯も固めで書きやすい。
 外国の文房具かとおもったら、"JAPAN"の印。早速調べたらOKAYAという会社のオリジナルということが判明。
 ゴルフから生まれた文房具。きっかけはいろんな所にあるのだなぁ。

 ロケット鉛筆のような芯だから削る訳にはいかない。今はまだ先が尖っているから書きやすいけど、この先どうだろう?この芯がなくなるまで使い切ってみよう。最後まで心地よく使えたら、お気に入りのひとつになりそう。
[PR]
by emioohara | 2006-09-04 00:12 | 文房具
d0078841_9172538.jpg

  留学中、学校帰りに近くの文房具屋さんに立ち寄ったときに便利な物を見つけました。それは封蝋(シーリングワックス)用のピストル。火を使わず電動なのです。
 シーリングスタンプを使いたくて買い集めていたけれど、ワックスに直接火を当てて溶かすのがなかなかうまくいかなくて、うーん・・・と思ってたところに見つけたので嬉しくなりました。このピストルには専用のワックスが必要。ピストルはインクでも有名なJ.HERBIN社のものがコンパクトで気に入ったのですが、欲しいワックスの色がなかったので、ALADINE社製を購入。これで簡単にワックスが楽しめる!。

d0078841_1195876.jpg

 買ったことに満足して使うの忘れてました。ということで早速スタンプ。封に使うのもいいけど、今回はカードに押してみました。電気であたたまったワックスはどんどん落ちてくるので使うときにはまとめてスタンプ押すものがあった方が良いかも。このワイン色の後、オフホワイト立て続けに使ったら、前のワイン色が残ってて、しばらく2色のマーブルに! 前の色をきれいに取り除く方法を考えださないと、いつまでたってもマーブルのまま。また新たな悩み。今度はスプーンにワックスのかけらを入れて下からキャンドルで溶かす方法を試すつしてみようかな。・・・なかなかうまくいかない。早く落ち着く方法を見つけたいです。
[PR]
by emioohara | 2006-09-02 11:03 | 文房具