d0078841_2056998.jpg

 掃除機が壊れた。とうとう。大学生になって初めて一人暮らしをするときに買ってもらって以来住んでいたどの家でも活躍していた。数年前にプラグが抜けて、もう使えないかと思ったけれど、家族がなおしてくれてまた元通り使えていたのに。

 ショルダーバッグのように肩に掛けて使うこのかたちは、ヘッドは大きな掃除機と同じなのでソファーの下も大丈夫だったし、ロフトへ上がるはしごや階段での移動もしやすかった。冷蔵庫や洗濯機は何軒目かのアパートに付いていたので、そのときに処分したのだと思うけど、掃除機はいつでも一緒だった。

 これまでは、最近の掃除機も使ってみたいと思っていたけれど、このかたちの利便性をますます感じていたのでずっと使いたいと思っていたのに。新しいものを探すためにお店にいって試してみたけど、どれも重くてびっくりした。

 結局、今の生活環境に一番必要なかたちを選んだ。新しい掃除機を早速使っているけれど、この掃除機をすぐに処分する気持ちになれない。なんといっても20年も使っていたのだから。

[PR]
by emioohara | 2014-01-24 21:19 | mono
d0078841_23101527.jpg

 しわのあるままの洋服を着て出かけるのは抵抗がある。ぼうっとした表情なうえに姿勢も曲がりがちなので、せめて洋服だけはしゃっきりしていてほしい、という思いが一番。だから、シワ加工のアイテムは私が着るとわざと、という雰囲気が全くでないと思うので選ばない。

 ということで、欠かせないのがアイロン。これまで使っていたのが壊れたので、新しいものに。少し前に家族が使うためなのに、私の希望で選んだ、今は家で待機中だったもの。

 加湿器の前にいるかのような勢いのあるスチーム。アイロン台の裏が水滴だらけになるくらい。アイロンがますます楽しくなった。起動に時間がかかるので、これまでのように急には使えなくなったけれど、それでも嬉しい。

 本当は、アイロンより前から欲しいのはアイロン台。アイロンの機能が高くなったら、やっぱりアイロン台も変えたくなってきた。気になっているものがあるのだけれど、本物を見たことがなく、種類もいろいろあって決められない。
 ところが、この間このアイロン台の話を友達にしたら、なんとその家が使っているという。近いうちに見せてもらえるように、お願いしようと考え中。



 


[PR]
by emioohara | 2013-12-03 23:39 | mono
d0078841_1573823.jpg

 夏休み、うぅとおぉから会うなりプレゼントをもらった。手裏剣をいっぱいつなげたリース。

 聞くと、渡す人のイメージで配色もそれぞれ。ちゃんと付箋に名前をつけてくれていたけれど、その付箋がなくても誰へのものか当てられそうなくらい、上手な色選び。

 手裏剣をひたすら作って、のりでとめて。家族みんなにだから、とても時間がかかったはず。きっと無心で夢中で作ってくれただろう、その様子を眺めてみたかった。

 心のこもっていることがとても伝わるプレゼント。この夏のとっておき。






[PR]
d0078841_14193459.jpg

 日曜日、この町のお祭りへ。パレードや出し物もあるし地元のお店や組合の人達の作るお寿司もある、と周りの人達から聞いて楽しみにしていました。
 うちの新聞には広告がほとんど入らないので知らなかったけれど、どうやらお祭りのチラシもあったらしく、裏の畑のおばあちゃんは電話をくれてスケジュールを教えてくれました。

 お昼ごはんを目的に行ってみると、もうたくさんの人。普通の屋台も道路を埋め尽くしていたけれど、それ以上に地元の人達のお店がいっぱい。地鶏やお寿司、甘いものなど、特産物を中心にずらり。
 全部把握するためにまずは一周。その中ですぐに目に留まったのはかご屋さん。近づいてみると、道の駅などでみるよりもかたちも豊富で、値段も半分以下。

 そこで一回りした後に私が向かったのは珍しく食べ物ではなくこのかご屋さん。少し遠くからもう何十年も前からこのお祭りに出展しているというおばあさんがもともとの用途や使い方、そして竹のどの部分を使っているのか、どんな風に編んであるのがしっかりしているのかと丁寧に教えて下さいます。お店にいた他のお客さんも一緒にかごに花器を入れて花をとか、かごを縦にして何か飾ってもと豊富なアイデア。

 買い物用に使える大きさを中心に絞ったけれど、せっかくの機会なのでかごを3つも選びました。ただでさえ十分魅力的な値段だったのに、これもあれもと迷いながら手にするかごの値段をどんどん下げてくださり、とても良い買い物が出来ました。


d0078841_14194242.jpg

 その後家族がお昼ごはんを買うのを待っていると、かご買ったの?と声をかけられ、振り返るとおばあさん2人。いくつもかごを持っているのが気になったみたい。かごはいいわよね、と言われお店の場所を宣伝。

 そうして夕方、玄関先にいたらちょうど畑にきたおばあちゃんの姿。そこで買ったかごやざるを見せると、おばあちゃんもやっぱり詳しく、この部分が使ってあるから丈夫、だとかお店にあったかごの形を伝えると用途を教えてくれる。

 ところで、このたまごのような変わった形のかご。私は野菜を入れようと思って選びましたが、もともとは赤飯を作るときに小豆を餅米をここで混ぜて蒸篭に入れたり、メリケン粉の袋をここにいれて使うものだとのこと。

 蓋のついたかごは籘。こちらは使う度につやが出てくるそう。竹のものは今は青いけれど、どんどん黄色味を帯びてくるし、なんといっても丈夫というおばあちゃん。ずうっと使っている人の言葉は嬉しい。


……………………………………………………………………………………………………………………

Ce dimanche, je suis allée la fête du printemps de cette ville.

Et J'y ai trouvé de magasin des paniers.

La vieille dame qui m'a expliqué sur l'usage et la differance.

J'ai choisi des paniers celui de bamboo et de rotin.

C'était à vraiment bon marché!


[PR]
by emioohara | 2010-04-07 15:12 | mono
d0078841_18511834.jpg

 先日見つけた素敵なお花屋さんへ、今度は自宅用の花を買いにサイクリングの帰り道に立ち寄りました。いろいろ魅力的だったけれど、まず選んだのは、葉っぱのような紫陽花。ちゃんとした名前を聞きそびれましたが、青みがかったものと少し赤みのあるものを一つずつ。
 ドライフラワーにしたらずっと楽しめそうだし、花のようでも葉っぱのようでもあるところがいい。

 飾りたくなる花を沢山見ると、定期的に飾りたくなる。そうすると花瓶もいろいろ揃えたくなりそうだし、場所によってそれぞれの花を置きたくなりそう。

 先日行った喫茶店の店内もいろんな花が生けてありました。入り口には水仙、カウンターには大きな枝振りの桃の花、そして奥には青い陶器の花器に挿した馬酔木。
 飾ってある花たちは、桃の花は桜とは付き方が違ってまた趣がある、と常連のお客さんとお店の人の会話の元にもなっていました。

 いろんな花の咲き始める季節。ここで初めて迎える春。楽しみにしているのは山桜。

………………………………………………………………………………………………………………

A la boutique de fleuriste, j'ai trouvé l'hortensia verte comme lafeuille.

On peut la faire les fleurs séhées.



 

[PR]
by emioohara | 2010-03-16 19:32 | mono
d0078841_18463247.jpg

 まだまだ寒いけれど、雑誌を見れば素敵な春物がたくさん紹介されていて、暖かくなったらどんなコーディネートをしようかと、考えるだけで楽しい。
 お友達の鈴木さんのショップ「calme」のホームページにも魅力的なものがずらり。その中でどうしても気になったもの、それはイギリス製の大きなストール。

 魅力を感じたのは、色、リネン100%という素材、大判、そしてなによりフリンジのないこと。短いものなら良いけれど、フリンジがどうしてなのか苦手。だけれどなかなかフリンジなしというのは見つけられません。

 そうして届いたストールは、柔らかいけれどしっかりとしたリネンで、片側が耳使いになっていて使い込むほどに良い風合いになっていきそう。

 今日はこのストールを買ったこと、そして裏の畑のおばあちゃんの誕生日、ということがきっかけで3ヶ所も素敵な場所を見つけることができました。

 というのは、まずお誕生日祝いに行ったお花屋さん。遠くから眺めたことはありましたが入るのは初めて。中に入ると、葉っぱのようなあじさいやオールドローズ、ミモザなど素敵な花が並んでいて、こんな素敵な場所だったのだと嬉しくなる。

 そして、秋に東京で切って以来そのままの髪。ストールを巻きたいので、さらに切りたい気持ちが強まります。
そこで、ストールのコーディネートの参考にいつもの本屋さんへ雑誌を買いに行き、そこで美容院を探していると言うと、おすすめの場所があると教えてくれる。

 早速予約して行ってみると、一軒家でお一人でされている素敵な美容院。嬉しい髪型になったあと、そこで教えて頂いたコーヒーのおいしい喫茶店を訪れると、そこは昔の蔵を利用したミモザの咲き誇る場所。
 一日でこんなにも新しく、素敵な出会いがあってとても嬉しい。

 花束を渡そうとおばあちゃんちに行くと不在、そこで帰宅すると裏の畑でおじいちゃんと作業中。お誕生日だからどこかへおいしいものでも食べに行っているのかと思ったと言うと、朝起きて今日は誕生日、とおじいちゃんに伝えたけれど、今日は久しぶりに天気が良いから芋を植えよう、と誕生日は関係ないみたい、とのこと。

 それでも今日はめでたいので鯛を一匹買ったそう。お刺身と鯛飯にしようかなぁと言っていました。

……………………………………………………………………………………………………………

J'ai achté une étole de lin puisqu'elle est assez grande taille, et n'a pas de frange.

Pour la enrouler à mon cou, j'ai voulu couper les cheveux. Donc d'abord j'ai demandé à la librairie où est-il un coiffeur. Elle m'a proposé un , et j'y suis allée.
Et là-bas, chez coiffeur, il m'a indiqué un café merveilleux, alors après couper les cheveux, j'ai visité ce café.

D'ailleurs, ce matin, j'ai trouvé une boutique de fleuriste.

Aujourd'hui, c'était un jour chouette!


[PR]
by emioohara | 2010-03-12 19:46 | un jour
d0078841_1512654.jpg

 結婚式で頂いたカタログから選んだものが届きました。それは電気ケトル。
 寒くなってきて、毎日何度もお湯を沸かしていますが、引っ越してきて驚いているのは、プロパンガスの料金。東京の時と比べて3、4倍も違います。そこで本当は違うものを選ぶつもりだったカタログから、このケトルにすることにしました。

 パリのアパルトマンに置いてあったこの電気ケトル。とっても早く沸くよ、と一緒に住んでいた友達の言葉通り、あっという間にお湯が出来上がります。電気コンロのパリでは大活躍。

 でもガスコンロだとそんなに時間もかからないし、実家に電気ポットがなかったことや沸き立てを使いたいこともあり、琺瑯のポットを使っていました。

 久しぶりに使ってみて、その早さをまた実感、そしてごぼごぼぶくぶくと勢い良く沸き上がる様が気に入っています。

 早速必要な量だけその都度何度も使っているし、ガスコンロをふさがずにすむので料理をする時のお湯も、これで準備をするようになりました。

 改めてその良さを感じているので、プレゼントとして誰かに送りたいと思っているほどです。

……………………………………………………………………………………………………………
「La bouilloire rapide」

Depuis quelque jours, j'utilise La bouilloire rapide.

Quand j'habitais à Paris, je me le serviais, mais au Japon ,à grâce du réchaud à gaz, je n'en ai pas besoin.

Pourtant, par rapport à Tokyo, ici le prix du gaz assez cher, donc j'ai recommencé à utiliser cette machine.

C'est vraiment rapide et j'apprécie ce que l'eau bout à gros bouillons.

Ça me plaît beaucoup à tel point que je veux en offrir quelqu'un!




[PR]
by emioohara | 2009-11-24 16:26 | mono
d0078841_17182785.jpg

 これまでずっと洗剤も柔軟剤も同じものを詰め替えては使っていましたが、引っ越してきてから柔軟剤をほぼ毎回取り替えるようになりました。きっかけは家の一番近くにあるお店が、品揃えは豊富だけど洗剤に限らずボディーソープも、なぜか本体と詰め替えの香りが違うものを揃えてあるから。同じメーカーでも香りの違う容器に詰め替える勇気はありません。

 そして、今回選んだのはローズの香り。普段は絶対に選ばない。手にした理由はパッケージの「With vanilla」の文字。この組み合わせに魅かれたのです。

 家に帰ってどんな香りなのかと蓋を開けてみると、これはフランスの香りだと感じました。でも、この洗剤がフランス製というわけではないのに、どうしてそんな風に感じたのだろうかと考えていて、すぐに答えに思い当たりました。

 それは「プラス バニラ」だということ。フランスに限らずヨーロッパの他の国にもあるかもしれませんが、フランスには、ジャムでもオレンジ+バニラ味だとか、紅茶でもキャラメル+バニラ味があったので、その記憶と今回の柔軟剤が結びついたようです。

 苦手な香りだったとしてもちゃんと使い切ろう、と思って買ったのですが思いがけず気に入ったので、また次もこれにするつもりでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「+ vanille」

J'ai acheté un assouplissant celui du parfum de la rose avec vanille. Normarment, je ne jamais choisi un arôme de la rose. Mais pour quoi je l'ai choisi?

C'est parce que j'ai remarqué qu'on s'est ecrit 「avec vanille」. Je pensais que c'est comme le produit français.

 Je sais pas sur l'autre pays, mais en France, il y a des articles auxquels on ajoute le parfum de vanille. Donc je l'ai imaginé comme ça.

Fortuitement, ce assouplissant me plaît beaucoup, donc j'ai l'intention de l'achter encore.




[PR]
by emioohara | 2009-10-22 18:32 | mono
d0078841_22553335.jpg

 久しぶりに「MARKS&WEB」のホームページを見ていたら、素敵な物がたくさん揃っていて、いろいろ気になり始めました。

 涼しくなってくると、冬へ向けてアロマキャンドルも欲しくなってきたし、エッセンシャルオイルを温めて香りを出すキャンドル ウォーマーも魅力的。
 そうしていろいろ商品をみるうちにふと、香りが強いのはこのふたつのうちどちらなのかと気になりました。

 そこで、「MARKS&WEB」で働く友達にメールで質問。帰ってきた返事は、驚くほど細かく説明されていた上に、空気振動やミストタイプのディフューザーもあるとのこと。とっても分かりやすくて詳しい説明に感動し、こんなに詳しい店員さんに接客してもらえるなんて、近くに住んでいる人が羨ましい、と思ったのでした。

 連休明けに、教えてもらった情報を基にいろいろ調べてみようと思っていたら、その彼女から引っ越し祝いにと、思いがけずプレゼントが届きました。
 開けてみると、そこにはエッセンシャル オイルとキャンドル ウォーマーのセット。びっくりするやら嬉しいやら!

 早速使っています。エッセンシャル オイルの香りを変えるだけで一台でいろんな香りが楽しめるので、時間帯や気分によって、それから時には香りを混ぜ合わせて、とこれから楽しみが広がりそうです。

 キャンドルの灯火を眺めながらの読書だとか、香りだけ楽しみたい玄関や寝室だとか、場面によって教えてもらったグッズを使い分けていけたら素敵だと思っています。


 

[PR]
by emioohara | 2009-09-28 23:40 | mono
d0078841_18405047.jpg

 「calme」の鈴木さんに頂いたものがもう一つ。それは素敵な佇まいのキャンドル。ローズの香り。

 実は私にとって、バラの香りは大きな課題の一つ。というのも、昔から、バラの香りは自分にとって遠いもの。苦手、なのではなくて身近に使うには気高いというのか、気恥ずかしいというのか。
 これまでにもバラの香りのするものを頂いて使う度に、そう感じていました。

 そうしたある日、真剣に見ていなかったテレビから、バラの香りの苦手な人は女性ホルモンが少ない、というような事が聞こえきて、そうだったのかと妙に納得。

 ところで、引っ越して間もなく仕事で舞戻った東京で、運良く一度にみんなでランチができた日のこと。
その中には、私がであったころは趣味の域を超えていなかった占星術が、今ではそれを仕事として活躍されている方が2人も。2人の話を聞いていると、詳しすぎて私には外国語のように聞こえるほど。
 
 別れ際、そのうちの1人の方が引っ越しや仕事の話から教えてくださった、女性星と男性星の話。

 その話がとても印象的で、数日後お礼のメールにバラの香りについて感じていることも付け加えました。

 彼女からの返事に書いてあったのは、星ではなく性。占い=星、と私が思い込んでいたようで、彼女が話していたのは、女性性と男性性というエネルギーの話だったとのこと。
 ともあれ、彼女曰く、バラの香りが苦手ならやっぱり女性性を開発するといいことがあるのかもしれない、でも私が自分で思っているより持っていると思う、とのこと。

 そう聞いてから、自然とバラの香りが好きになった暁には、気がつけばいいことが起きているのではないかと思うようになりました。

 ただこのバラの香りにとどまらず、未だ日常のいろんな場面で男の人よりだと自覚している私が、いつお気に入りの香りの中にバラを挙げるようになるのかと、今は自分でも楽しく見守っているところです。



[PR]
by emioohara | 2009-09-07 19:50 | mono