d0078841_14554558.jpg

  プレス担当の倉地さんが出版されたと教えてくれた『ニームと過ごす毎日』。Nîmesをはじめとした全てのブランドのコーディネートやshopの様子、これまでのノベルティなどが紹介されています。

 この本を見るときっとボーダーが着たくなる、という倉地さんの言葉に今年に入って既に青白ボーダーだけを数枚も買い揃えてしまっている私は、さらに欲しくなったらどうしようとどきどきしながら本を開きました。
 もちろん改めてボーダーは良いなぁと思ったけれど、それにもまして素敵なアイテムが沢山登場していて、じっくりと眺めてしまいます。

 嬉しくなったのは、一緒に働いていたスタッフや本社の様子を紹介したページ。働いていたときの空気感や学校のように楽しかった日々を思い出しました。

 一冊の本を作るということは大変なこと。どのページにもぎゅうっとこだわりが詰められていて、とても充実した内容。出来上がりは携わっていたスタッフ、そして関わる人達は本当に嬉しいと思います。

 Innocentのブランドはフレンチスタイルがベースのものばかり。けれどそれぞれのブランドにコンセプトがあって、こだわりがあります。ボーダーでも、素材でも生地でも、同じものを使っても、出来上がるアイテムは表情が違う。
 この本を見て、ショップに足を運ぶ機会がますます増えるひとや、それぞれのブランドのテイストの違いを実感するひともいるのでは。

 どのブランドも素敵なものばかり発表する展示会。それぞれのデザイナーのこだわりを聞いたり、お客さんに紹介したりするうちに、あれもこれも欲しくなってくる。
 働いていたころ、唯一の悩みはどのアイテムを購入するかということ。本社スタッフの中でいつも購入率上位にいたらしい私は、数日間の展示会中はまるでバイヤーかのように、通勤電車のなかでも欲しいものリストを見つめてまとめていました。

 これからも素敵な洋服、空間、そして雰囲気を楽しみにしています!

……………………………………………………………………………………………………………………

Le livre de la marque"Nîmes"où je travaillais, est en vente.

Société INNOCENT qui se développe quelque marques dont Nîmes.

Chacun a sa conception et son style.

En lirant ce livre, je pense qu'on peut savoir la différance.

 

[PR]
by emioohara | 2010-03-02 15:03 | hon
d0078841_1312138.jpg

 東京は昨日に引き続き今日もすごく寒いです。週末は半袖が良かったのに、今週に入ってからずーっと雨、そして20℃もない。冷房つけてた次の日に暖房つけたくなるなるなんて。
 昨日の外出は長袖にジャケットまで登場。今日は家の中もひんやりなので、長袖を出しました。
 PETIT BATEAUの半袖にNÎMESのボーダー。明るい色だと楽しくなって寒さが和らぐような気がして。

 ・・・でもやっぱり寒い。何足そう?靴下もはいてるのに。急に寒いとものすごく寒く感じてしまう。なので、今はアラン編みのカーディガンでも役不足な気さえしています。
[PR]
by emioohara | 2006-09-14 13:29 | la mode
d0078841_22352162.jpg


 NÎMESで毎年扱っているこのカゴ。沢山入ることをいいことに、ポイポイとなんでも入れるからいつも重くなる。それに根をあげたカゴのふちが切れてしまった。

 ずいぶん前に買っておいた麻の生地を縁取りにしようと思っていたけど、思ったまま。そのまま持つとちょっと・・・。そこで思いついた応急処置。ディッシュクロスをキルトピンで留めてみました。

 1日これで過ごしてみたけど、なかなか便利。中身も隠れるし、ピンでとめてるからクロスがなくならない。”なくならない”これは大切。昔、お気に入りのデッドストックのスカーフをかぶせて使っていたとき、いきなり突風が吹いて気がついたらスカーフがない!あたりを何度も探したけれど、とうとう見つからなかったことがあったのです。

 季節や気分で生地を変えたり、いろんなブローチやピンをつけたりしても楽しそう。
 この方法でしばらく満足しそうなので、生地でで縁取る、久しぶりの裁縫もまた遠のいた。
[PR]
by emioohara | 2006-09-10 23:58 | mono
d0078841_16312879.jpg


 innocentのプレス担当の倉地さんから秋冬のカタログが届きました。彼女の日記 に書いてあったカタログ撮影の様子からも出来上がりを楽しみにしていたのです。
 自分がカタログを作っていたときは、なんどもなんども見ているのですが、今回はお客様。何も知らない状態で見るので、なんだか不思議な感じです。
 
 中身は・・・それぞれのブランドの特徴が出ていて、スタイリングも横波さんの写真も素敵です。そして大切なのは載っているアイテムたち。靴から帽子まで、いろんな物が気になります。
  カタログが出来上がるのを楽しみにしているのは、お客さまもスタッフもおんなじ。洋服づくりに携わっているスタッフの喜ぶ姿が目に浮かびます。 

 今回のテーマは”女の子の月曜日から日曜日まで”とのこと。一人の女の子がひとつひとつのブランドを着こなしていますが、この気持ちよくわかります。私の一週間のコーディネートも甘いときもあればメンズっぽいときもあります。女の子のコーディネートはたくさん!一つの会社の中でこれだけテイストが違いつつもベースはどれもフレンチベーシック、いろんな楽しみ方ができます。いつもinnocentのいろんなブランドを組み合わせて着るのが好きでした。
 一つの会社の中でこれだけテイストが違いつつもベースはどれもフレンチベーシックなのでミックスしても大丈夫、いろんな楽しみ方ができます。
 じっくり見れば見るほど、いろんな物が気になってきます。shopに行きたくなりました。
 
[PR]
by emioohara | 2006-08-21 17:20 | la mode