『emma et le carnet à secrets』

d0078841_17244128.jpg

 大好きな作家スージー モルゲンステルン。彼女の手掛ける小説もさることながら、この「エマ」シリーズもかわいらしい。今のところ一番気に入っているのは、1巻目の『emma et le carnet à secrets』(邦題:『エマといっしょに ひみつのノート』)。

 まだ自分の名前がやっと書けるくらいのエマに、ママンの友達がプレゼントしてくれた一冊のノート。
 そこにお絵描きしたり、コラージュしたり、ママンの香水をつけてみたり…と思うままに楽しんだら、出来上がったのは一冊の自分だけのひみつのノート。

 小さなころ、こんなことをしたら楽しいだろうなぁとわくわくしました。そこで、この本の日本語版とノートとシールをエマと同じ年頃のうぅとおぉにプレゼント。

 きっと2人もノートを作りたくなるはず、と本を読んで聞かせたところ、まずエマが自分の名前を書けているということに「すごい!」と感嘆。そして肝心のノートづくりは、思ったほど進まず。
 
 どうやら真新しいノートとシールの使い惜しみが原因だった様子。その気持ちも分からなくもないけれど。


[PR]
by emioohara | 2009-09-13 17:26 | hon