アーモンド

d0078841_1455773.jpg

 ずっとバスケット ボールをやっていたにもかかわらず持久力がなく、雪深いところで育ったというのに寒がり。小学校の頃は、保健室の先生が担任かと思うほどにすぐに保健室に転がり込むものだから、父親から1学期間保健室に行かなかったらご褒美をあげる、と言われてたほど。
 それが大きくなるにつれ、とくに社会人になってからは病気で会社を休むことがなくなったくらい元気。でも、それでも調子の悪いときがあります。そこで毎日毎日楽しく気分よく過ごすためには、ただ体を動かすだけではなくて、何をしたら良いのかだんだん分かるようになってきました。

 私が直したいのは貧血と冷え性。貧血は全く自覚していなかったのに、数年前の健康診断で要治療とされ、しばらく病院通い。そのころ入った生命保険の担当の方にも、貧血はそれが理由で保険に加入できない方もいるくらいの病気だと言われ、真剣に直そうと思ったことを覚えています。
 思えば大学生の頃、家にテレビも電話も無かった私は、献血好きの友達にテレビがあるしお菓子もジュースもある、と誘われて行った献血では行く度にお気持ちだけ、と言われてジュースをもらい、友達の献血が終わるのをテレビの前で待っていたのでした。

 そして冷え性。お酒を飲むと寒くて仕方がないのだとある時友達に話したら、みんなは体温が上がると聞いたことや、ホットヨガに通ってみると基礎代謝も平均以下で汗の量も少ないことで実感。寝不足でできているのだと思っていた、ときどき自分でも驚くほどの目の下のクマも、貧血や冷え性が原因と判明。

 ここ最近の雨ですっかり低い気温。既に膝までのソックスに腹巻きにウールのカーディガン。寒い季節がやってきても健やかに過ごすために、まずは何を食べるのかということを、ここ最近意識するようになってきました。

 ということで、アーモンド。塩や油を使っていないローストしただけのアーモンドを食べ始めました。これは本に書いてあったからなのですが、きっと読まれた方はどの本なのか、ピンときていることでしょう。



[PR]
by emioohara | 2009-10-07 15:52 | tabemono