no more hiroshima

 昨日は8月6日、広島原爆忌でした。
広島では、小学校から日頃から戦争の悲惨さを学びます。
毎年8月6日、原爆が投下された8時15分には、市役所からサイレンが鳴り、黙祷を捧げます。そして夏休み中ですが、全校登校日で、戦争に関する映画を見ました。
 学校によって違いはありますが、修学旅行は中学校では長崎に、そして高校では沖縄に訪れ、資料館や慰霊碑を訪れたり、語り部の方からお話を聞いたりしました。
 広島で育った私は、日本全国同じことが行われていると思っていたのですが、大きくなっていろんな出身地の方々と話したり、テレビの街頭インタビューで8月6日、9日、15日などが何の日か知らない人が多かったりしたことに、びっくりしたことを覚えています。
 
 海外で「日本のどこから来たの?」と聞かれたとき、広島と答えると、たくさんの人がその地名を知っていました。外国では日本は被害者という立場だけではないはず、という事もよく言われます。ただ、原爆が広島と長崎にもたらした現実は、日本だけでなく世界中の人々が平和の大切さを考える大きな要因の一つだと思います。

 惨劇を二度と繰り返してはならないために、そしてなにより平和のために、まずは日本でこの事実を忘れないこと、語り継ぐことが大切だと思います。

 そんな中、広島在住の友達が平和を願って、そして世界に発信すべくha-to hiroshimaというブランドを立ち上げました。
これからいろんな角度からアプローチしていくようです。そこで、第一弾のイベントは8/10(ハトの日)に行われます。興味を持たれた方に是非参加していただけたらと思います。
 ホームページのイベントのDMにあるブランドイメージのハトのイラストは、同じく広島出身のイラストレーター、エド ツワキさんによるものです。アイテムとして、ピンバッジとしても登場するようです。
 ”平和についてかんがえる”、というと難しいかもしれません。だけどhato-hiroshimaのイベントやクリエイターの方の生み出すアイテムに興味を持つことだったら、すんなり入っていけるのでは?と思っています。


d0078841_0335671.jpgパリの自然保護や平和に関するグッズを扱う雑貨屋さんで見つけたフランス語版”no more hiroshima"の封筒。


[PR]