<   2006年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0078841_16153972.jpg

 今日もいい天気。せっかくなのでどこかへ行きたい。だけど街に出たいわけでもない。図書館は昨日行ったし・・・と考えた結果、自転車で遠出に決まり。
 リュックにタオルと水を入れて出発。目的地は天然酵母をつかったおいしいパン屋さんの工場。

 工場と行っても、平屋の一軒家。小さな道沿いではないのに、初めて行った時は見つけられずに通り過ぎて遠くまで行ってしまいました。そして、近所のお店の人に聞いてもなかなか知ってる人がいない。(接客してくれたスタッフの方もおんなじこと言ってました。)
”工場”のなかには真ん中に大きな木のテーブルがあって、私が行くといつもそこでスタッフのみなさんがパンを囲んでお食事中。今日の焼き具合はどうだったか、確かめつつ食べているそうです。

 パンは屋台のように外にあるテーブルに置いてあります。声をかけるとお店の人が出てきてくれて、パンの説明をしてくれます。
 お客さんが私一人だったせいか、説明するごとに試食させてくれました。この光景を写真に撮りたいと伝えたら、撮影するにはパンが少ないと、これから出荷するパンもカゴに加えてくれました。パンで”le Bouranger"(パン屋)と書いてあるディスプレイもおいしそう。

 家に帰って早速オーブントースターに電源を入れ、バターをだし、パン切り包丁とまな板を準備。どれも、そのまま・オーブンで焼いて・バターあり/なし、といろんなかたちで味わうのに夢中になって、お腹いっぱいになったときにカフェオレを入れ忘れたことに気づきました。

d0078841_17192662.jpg

 私の選んだパン。バゲット、グリーンレーズンのバゲット、プルーン&クルミのパイ。そして試食用にとプレゼントしてくれた新作は豆乳をつかったレーズンパンをクッキー生地で巻いたもの。
 ここのバゲットは固くて(パンきり包丁がゆれるくらい)、しっかりしていて中はしっとり。パイもしっかり詰まっていてサクサク。ちょっとドイツパンに近い感じ。

 明日の朝、起きるのが楽しみ。固くなったらフレンチトーストもいいかも。
[PR]
by emioohara | 2006-09-20 17:24 | tabemono
d0078841_17341454.jpg

 肌寒くなってくると朝ごはんにスープを思い浮かべる季節。フランスのスーパーにもいろんな種類のインスタントスープがあります。種類は豊富。味は日本で見かけない物が多くて、同じKnorrでも新鮮です。

 私が探していたのはコーンクリームスープ。日本で売っているものよりももっと濃厚なんだろうなぁと楽しみにしていたのに、探しても探してもない!

 あきらめきれず他のスーパーにも行ったけど、どうやらないみたい。日本ではインスタントスープの代表のようなものなのに。

 意外な発見でした。
[PR]
by emioohara | 2006-09-19 17:58 | tabemono
d0078841_20564459.jpg

  ゼリーを作りました。いろんなグラスやビンにいれて並べると、小さい頃水で音階をつくったのを思い出しました。
 
 もっと見てると、ある連想が。ゼリーはキャンドルに見えてくるし、太陽の光でクロスに映る色はステンドグラスのよう。ーそう、教会の入り口にある、寄付して灯をともすキャンドルスタンドにみえたのです。

 こんな感じに。
d0078841_2057539.jpg

[PR]
by emioohara | 2006-09-18 21:21 | tabemono
d0078841_21172461.jpg

 木を削ったようにくるんとしている”ふしめん”。初めて見たとき、どうしてこんな形をしてるのかと思ったら、手延べそうめんを作るときにできるふしの部分だそう。

  説明には、お吸い物やお味噌汁にいれてもって書いてあるけれど、うちではサラダに。少し固めにゆでると歯ごたえがあってプリプリしてるし、塩が効いているのもそうめんならでは。和風でも、中華っぽくも、マカロニの代わりに洋風にでもアレンジできるので重宝します。

 少しだけ使うとおかずだけど、メインで使えばちゃんとご飯になるので常備しておきたい一つ。
 いつも行くスーパーにもあったらいいのに。
[PR]
by emioohara | 2006-09-17 22:16 | tabemono
d0078841_23431582.jpg

 クラフト・エヴィング商會著の『じつは、わたくしこういうものです』という本に出会ったことがありますか?ここにはいろんな職業についている人たちが登場します。

 ”月光密売人”、”三色巻紙配達人”、”チョッキ食堂”夫婦、”ひらめきランプ交換人”・・・名前からしてワクワクします。どんな人がどんなことをどうして、どう思いながらやっているのか、ひとりひとり出てきます。

 中身は読んだ人のお楽しみですが、それぞれの方の”仕事道具”を少しだけご紹介。





d0078841_23523749.jpg
 ”警鐘人”が毎日欠かさず記録する「シンバル日記」。
 







d0078841_2353353.jpg

 ”時間管理人”が時間を閉じ込めた箱の鍵たち。








d0078841_23532218.jpg

  ”地歴測量士”が事細かに書き留めている<いろいろノート>。








d0078841_23533621.jpg

 <冬眠図書館>の司書のひとり、”シチュー当番”が持っているシチュー・ファンのためのシチュー回数券。この図書館には他に”コーヒー当番”、”コッペパン当番”、”ブランケット当番”がいるそう。




[PR]
by emioohara | 2006-09-16 23:55 | hon

d0078841_1795620.jpg

  今日は久しぶりに雨が降らず、肌寒い秋晴れでした。午後、太陽が見えてきてからとなり町の図書館へ。いつもはバスに乗って行くけど、運動のために自転車で向かいました。

 お昼ごはんを食べずに出たので、途中最近できた小さなパン屋さんへ。お昼休みのあるパン屋さんなので、帰るときに閉まっていたらかなしいと思って先に立ち寄りました。ここは嬉しいことにクロワッサンやバゲットなどフランスのパン屋さんのようなパンが並んでいます。今日はパン ド カンパーニュを選びました。

 図書館はすぐに帰るつもりが、本を借りたあと雑誌コーナーでいろんな雑誌を1ページ1ぺーじじっくりよんでいたらあっという間に3時間くらい過ぎていて、時計見て急にお腹がすきました。
 そこでついついほかのパン屋さんを覗きに。マロンパイ、さつまいもパン・・・もう秋らしいレパートリーがならんでいました。でもさっき買ったパンがある!と言い聞かせてぐっと我慢してパン屋を出ました。

 おいしそうだったなぁ、と思いながら自転車をこいでいると、栗の木を発見!しかもたくさん。よく通る道なのに、栗の木だとは全く気づいていませんでした。
 まだ青いけど、秋を感じました。
[PR]
by emioohara | 2006-09-15 19:02 | un jour
d0078841_1312138.jpg

 東京は昨日に引き続き今日もすごく寒いです。週末は半袖が良かったのに、今週に入ってからずーっと雨、そして20℃もない。冷房つけてた次の日に暖房つけたくなるなるなんて。
 昨日の外出は長袖にジャケットまで登場。今日は家の中もひんやりなので、長袖を出しました。
 PETIT BATEAUの半袖にNÎMESのボーダー。明るい色だと楽しくなって寒さが和らぐような気がして。

 ・・・でもやっぱり寒い。何足そう?靴下もはいてるのに。急に寒いとものすごく寒く感じてしまう。なので、今はアラン編みのカーディガンでも役不足な気さえしています。
[PR]
by emioohara | 2006-09-14 13:29 | la mode
d0078841_2304886.jpg

 今日はお茶するために友達と表参道で待ち合わせ。青山ならお茶するところもよりどりみどり。お互い思いつくところを出した結果、BROWN RICE CAFÉへ。

 ここはWhole food life styleがコンセプトのカフェ。”お茶”目的だったから、ケーキを選ぶはずだったのに、なぜか2人とも”ごはん”を頼むことに。ランチは初めて。

 私が選んだのは日替わり膳の白露(くさつゆ、しろし)。メインはかちかち豆腐のもろみソース焼き。玄米が合うかと思ったけれど、パン好きなので自家製天然酵母パンにしました。どれもおいしかったけれど、嬉しかったのは蒸しもちきみ。
 小さな頃、”もちとうとうこ”と呼んでいた、もしかしたら普通のトウモロコシより好きかもしれない、赤紫の餅米のようにもちもちしたトウモロコシ。何年かぶりに食べました。

 ここのカフェのメニューはどれも気になるものばかり。ケーキもだけど、飲み物もひとつずつ試してみたい。
 近いうちに改めてお茶しにいきたい。Tofuタルト食べたいな。
[PR]
by emioohara | 2006-09-13 23:47 | tabemono
d0078841_2157494.jpg

 集めているわけではないけど、増えているもの。それは布bag。最近は買った物だけでなく、買い物をした時の袋やノベルティが布bagのところもあるから、すこしずつ増えていくのです。
 
 一括りに”布bag”と言っても、その形も用途も様々。プリントTシャツのようにロゴやデザインにまず目がいきますが、大きさと持ち手の長さも重要。
 それひとつで持つときには、せめて雑誌が入ってそして肩にかけられるもの。小さくてもマチがしっかりあるもの。結婚式などのよそ行きにも使えそうなもの。それぞれ自分の中では使い分けています。

 最近は、エコバッグとしてくるくるまるめて鞄にいれて、買い物袋を断ったり、図書館で沢山借りる本を入れるのに役立っています。

 これだけあっても、また気になるのが出てくるんだろうな。
 
 
[PR]
by emioohara | 2006-09-12 22:35 | mono
d0078841_21241225.jpg

 ミネラルウォーターの中で一番好きなのはcontrex。カルシウムとマグネシウムが多い硬水。飲みにくいという声もよく聞くけれど、私はこの味が好き。一般的に軟水=くせが無い、というイメージがあるけれど、軟水でも苦手な味の銘柄もあります。

 最近出たcontrexの炭酸、contrex fines bulles。炭酸水も大好きなので買ってみることに。
 "fines bulles"は微炭酸と言われているようだけど、飲んだ感じはそのまま訳して”細かい泡”のほうがしっくりきます。柔らかい炭酸というより、細かだけどしっかりした泡が感じられます。

 炭酸水はフランスでよく飲まれているBADOIT(バドワ)やイタリアのS.PELLEGRINOのような微炭酸よりも、PERRIER(ペリエ)の様な大きな泡でしっかりと炭酸が効いているタイプが好きなので、このcontrex fines bullesもお気に入りの一つになりそう。

 ミネラルウォーターも炭酸水も日本で買える種類が増えてきているので、いろいろ飲み比べてみたい。
[PR]
by emioohara | 2006-09-11 22:19 | tabemono